メイン画像

Officer Information

  • アライアンス・パートナー募集のお知らせ
    YourLinkでは、当社のパートナー企業となり、ともにクライアントの経営支援を行うパートナー企業を随時募集しています。
    Partner Information
  • 「スタッフ採用」に関するお知らせ
    YourLinkでは、当社で働いてくれる正社員、 パート・アルバイトの募集も行っています。
    Recruit Information
  • HOME
  • 良くある労働トラブル

良くある労働トラブル

企業経営の中で、労働トラブルは時に大きな影響力を持った経営リスクとなります。
場合によっては社名公表制度に該当する場合もあるので気をつけたいものです。
どのような労働トラブルが多いのか、知っておくことは重要です。
こちらでは経営者が知っておくべき良くある労働トラブルを一部、ご紹介します。


  賃金(残業)

賃金は働いている社員にとって生活を支えるものであり、労務管理においても重要な要素です。
万が一労働紛争として泥沼化してしまうと大きな経営リスクとなりますので、避けたいリスクの1つではないでしょうか。
特に最近サービス残業に関する労働トラブルが多いようです。
企業サイドで勤怠管理をずさんにしていた結果、会社以外でも従業員の方で詳細な勤怠記録をしていたことにより退職の段階で残業代を請求されるケースが多発しています。
防止するためには、普段から労働時間や給与計算、勤怠管理などの労務管理体制を整えておく必要があります。


  解雇問題(その他、労務管理を整備することで受けられる助成金の可能性)

労基法上解雇は、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には、その権利を濫用したものとして、無効とする」と規定されています。また、就業規則の作成規定でも解雇事由に関する規定があり、就業規則に明記されていない理由での解雇は、無効と判断される場合がほとんどです。
例えば、著しく能力の低い社員がいた場合でも、懲戒解雇のケースを除いて解雇に至るまでには厳しい制限があります。
人件費コストを考えた時に、企業にとっては信頼できる専門家に相談したい案件の1つです。
また補足ですが、社会保険制度の一つ雇用保険(失業保険)は事業運営の実態に合わせて助成金をいくつも用意してあります。就業規則など労務管理の確立を図ることで、助成金など各種の経済的支援を受けることもできますので、リスク回避を行うだけが、労務管理を整えていくことではありません。


  業務災害

業務災害とは、簡単に「業務を行わせる上で必要な使用者側の責任のもと、業務に必要不可欠な業務を行わせた」結果、従業員が受けた傷害、疾病の事を言います。例えば、建築現場においてアスベストを取り扱っていた従業員がアスベストを理由とする健康被害を訴えた場合、労災として認定する基準を元に労災認定が行われます。
また、最近ではセクハラ・パワハラ・業務の長時間化による心因性の疾患も労災認定されるケースが多くなってきました。
大きな経営リスクともなる業務災害に対して、企業の受けるダメージを最小限に留めるのが日頃からの労務管理となるので、非常に重要な項目と言えます。


YourLinkは、労務管理の案件があった場合は、当然に労務管理の確立のサポートを行いますが、労務管理の確立に付随して、若しくは逸脱して必要となった税務(税金に関すること)や法務(登記関係が必要になる)など、検討の分野外のことも各専門家(税理士、司法書士、行政書士)などと共に、あらゆる角度でサポートを図っていくことができます。経営者様の意向を尊重しながら、できる限りのアドバイスを的確にさせて頂きます。